幻想壁紙

                     
幻想壁紙 グロテスク 宇宙 幻想風景 メタリック クリスタル ステレオグラム


人の眼は、現実の物体を見ているときには、両眼の位置の差から右眼と左眼では異なった映像を見ています。
そして、この二つの映像の差異を利用して人間の脳は3次元空間を構築しています。また逆に、2次元の画像でも
両眼に視差が生じるように画像を作成することで、脳に立体として認識させることも出来き、
この原理を用いて作成されたものがステレオグラム画像です。

二次元のステレオグラム画像を3D(立体的)に見る方法には、
平行法と、眼を寄り目にする交差法がありますが、
交差法は目の疲労が激しいので平行法を説明致します。

↓の画像の中央上にある黒い2つのを、視点のピントをずらして3つになるように合わせて下さい。

(画像をクリックすると大きくなります)









黒い2つのが3つに見えたら、ぼやけを無くしてハッキリ3つになるように合わせて下さい。

ハッキリとした黒い3つのが見えている状態のまま、視線を画像中央に移動させて見ると円形の凹凸が浮かび上がってきます!



パソコンのディスプレイで立体視を実行するのは結構難しいので一度プリントアウトするとやり易いかもしれません。

立体視は視力回復や脳内視力の向上にも効果がありますので、立体視が慣れてきたらパソコンの壁紙にして3Dを体験してみて下さい。



デスクトップ壁紙VIEWARSに戻る